取扱品目お問い合わせトップ医薬事業部ダイゴ
薬品・機器・管理の3要素

薬品・機器・管理の3要素

水こそ「万物の生命をはぐくむ力」


人が健康でいられるかどうかの要素は、大きく分けて環境・医療・遺伝・ライフスタイルの4つであるといえ、このうちもっとも影響が大きいのは環境、特に人間の体の60〜70%を構成する水をベースとした水環境であるといえます。いくら優れた医療技術や医薬品があっても、汚れた水環境のもとでは本当の健康は望めません。私たちが水環境を守る事業に従事しているのはこのためでもあり、これはびわ湖とともに育った企業に課せられた責任であるともいえるのです。

プール用薬品供給機設置例

プール用薬品供給機設置例

お客様の信頼にお応えします


当事業部では、ボイラーやビル空調、プールなどの水処理薬品、化学工業薬品、そして超純水装置を含む水処理プラントなどの販売から据え付け・メンテナンスまで、産業分野の水処理事業を中心に、水環境の保全に寄与し、お客様の信頼にお応えします。
また、「ダイゴ水処理メンテナンスシステム」(下記) をはじめとして、節水や節電など省エネの提案にも力を注いでいます。その実現のために、全社員を対象に毒劇物取扱責任者・危険物取扱主任者・ボイラー主任技術者等の安全管理資格取得を支援する体制を取っています。

エコシャトルボトル

エコシャトルボトル

ダイゴ水処理メンテナンスシステム


当システムは、水処理に必要な薬品・機器・管理の3要素を一体化し、水処理状況の常時モニタリング、異常発生時の迅速な対応、薬品投入の最適化、定期的な水質分析・保守点検といった作業項目をシステムとして体系づけています。

  • 水処理状況の常時管理と異常発生時の対応
  • 最適な水処理薬品の提供
  • 在庫管理と薬注タンクへの補給
  • 最新水処理機器の貸出と定期的な点検・保守
  • 定期的な水質分析・水処理診断報告

登録証

環境マネジメント登録証など

ISO14001認証を取得しました


株式会社ダイゴ水処理事業部は、2002年9月13日、ISO14001認証を取得いたしました。ISOによる標準化を水処理メンテナンスシステムに適用し、管理体制のシステム化を実現しました。

株式会社ダイゴ 環境方針


当社は、ケミカルサービス事業である事を踏まえ、琵琶湖を中心に豊かな自然環境に恵まれた湖国の環境を守る事が重要課題である事を認識し、全従業員を上げて、地球環境の保護と地域環境の調和を目的とし、環境方針を以下に定めます。

  1. 当社の事業活動が環境に与える影響を正確に把握し、技術的、経済的に可能な範囲で環境目的及び目標を定め、汚染の予防を推進するとともに継続的改善を図ります。
  2. 当社の事業活動に関わる関係法規、規制及びその他協定等を順守すると共に地域住民の方々との協調・連携に努めます。
  3. 当社の事業活動に関わる環境影響のうち、次の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。

    1)時間の有効活用、ミスの削減により、業務の効率化を推進します。
    2)水処理薬品等の適切な管理により、環境汚染の防止に努めます。
    3)リサイクル化を推進することで、資源の有効利用及び廃棄物発生の低減に努めます。
    4)省エネルギーを推進し、顧客環境改善活動を行います。

  4. 環境方針は文書化し、実行し、組織で働く又は、組織のために働くすべての人に周知します。
  5. 環境方針並びに環境目的及び目標は、定期的に見直し必要に応じて改訂します。
  6. 環境方針は、外部からの要求に応じて提供します。

平成22年10月1日
株式会社ダイゴ
代表取締役社長  川端 和子


お問い合わせは・・・株式会社ダイゴ 水処理事業部

〒523-0894 滋賀県近江八幡市中村町20 TEL.0748-33-4181(代)  FAX.0748-33-4180
e-mail: daigo01@quartz.ocn.ne.jp(水処理事業部)

取扱品目 | お問い合わせ | 水処理事業部トップ | 株式会社ダイゴ